誤解一覧 このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

自転車通行空間を整備するには道が狭過ぎる

「自転車通行空間を整備するには道が狭過ぎる」

返答

実際問題としては、狭くても広くても、自転車で走るのに安全で魅力的な環境にできない道路はありません。問題解決が政治的に簡単だとは限りませんが、物理的な狭さ自体が乗り越えられない壁になることは滅多にありません。

路上駐車スペースや複数の自動車用の車線といった他の空間を維持したまま自転車専用インフラを整備するには、一部の道路は確かに狭過ぎるかもしれません。けれども、他の用途への割り当てを減らして自転車インフラを整備した方が道路空間の使い方として有益で生産的ということも十分にありえます。

自転車インフラのための空間は、道路を自動車に対して一方通行にしたり、路上駐車スペースを減らしたりすることで生み出せます。あるいは、自動車の交通量をぐっと減らして、車道自体を安全で魅力的な自転車通行空間に変えることもできるでしょう。

いずれにしても、そこが本当に狭い街路なのであれば、幅のある自動車ではなく、幅を取らず輸送効率もよい乗り物(自転車)を優先する方が理に適っています。

cycling and walking only street amsterdam with deliveries allowed during set times

写真提供: As Easy as Riding a Bike (Copyright, used with permission)

優れた関連資料をご存じですか?