誤解一覧 このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

人は自転車だとルールを守らない

「人は自転車に乗ると頻繁に(信号無視などの)ルール違反をする」

返答

どんな手段で移動していても、ルールを破る人はいます。自動車を運転している時や歩行時と比べて自転車に乗っている時の方が交通法規に違反しがちということはありません。

一方で、道路の設計に問題がある場所(たいていは自動車のことだけを考えて設計されている)では注意を払いながらあえて違反行為をする方が安全な場合もある、との調査結果も出ています。例えば最も明白な自転車利用者の信号無視に、信号が青にならないうちに発進し、自動車が動き始める前に交差点を安全に通過するというものがあります。つまり一部の違反行為は、危険の潜む道路構造に対する反応かもしれないのです。もちろん、そうしたケースがあるからといって周囲に危険を及ぼすような走り方が許されるわけではありません。

自転車を有効な移動手段の一つと認識し、その存在を念頭に置いて設計したインフラがあれば、ルール違反の動機や必要性は生じにくくなります。この意味でも、一部の人の問題行動を理由に皆のための環境改善に反対すべきではないのです(他の移動手段についてはこのような指摘も必要ないのですが)。

優れた関連資料をご存じですか?