誤解一覧 このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

自転車が走っていると渋滞になる

「自転車に乗っている人がいると渋滞になる / 自転車が通行しやすいようにしても渋滞は緩和されない」

返答

一般に、渋滞というものは自転車とは関係がなく、道路上の自動車交通量をそのまま反映した現象です。もしそうでないなら、渋滞は都市部の道路だけの現象で、(自転車が一台も走っていない)高速道路では全く起こらないはずです。

道路上の渋滞の原因は自動車交通、特に交差点の車列です。車やバスは自転車の後ろについている間は速度を落とすことになりますが、これがあなたの移動時間全体を引き延ばすことはあまりありません。自転車の後ろを走っても、車列の最後尾に着いた時のポジションは変わらないので、余計な時間は掛からないのです。

道路空間を再配分して自転車に割り当てると、その道路を通る「人数」の観点では実は効率が上がります。典型的な自動車の車線は1車線で1時間あたり約2,000人を通すことができますが、同じ幅を自転車インフラに割り当てると、1時間に約10,000人が通ることもできます。

優れた関連資料をご存じですか?