誤解一覧 ビンゴ! このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

自転車は道路の真ん中ではなく端に寄って走るべきだ

「道路の真ん中を走る自転車は交通の流れを遅くするし、本人にとっても危険だから、常に端に寄るべきだ。」

返答

誰も自動車の真ん前を走りたいとは思っていません。しかし、道路の構造に問題がある場合、そこが最も安全な走行位置になる場合が多いのです。

例えば路上駐車があれば、そこから広い間隔を空ける必要があります(ドアがいつ開くか分かりません)し、自動車が自転車を追い越すには狭すぎて危険な場所もあります。自転車が端から離れて走ると邪魔に感じる人もいるでしょうが、ほとんどの場合その行動には合理的な理由があり、世界の大半の地域では完全に合法です。

このような対立を緩和する最良の方法は、道路の構造を変更し、自転車と自動車という2つの交通モードを物理的に分離することです。

良い資料をご存じですか?