誤解一覧 このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

自転車で長い距離を走ろうとする人、走れる人はまれだ

「人は色々な目的で長距離移動をするが、自転車ではそれができない」

返答

文字通り全ての移動を自転車で済ませようとするのは明らかに非現実的ですが、現在、他の移動手段で行なわれいてる移動の多くは、適切なインフラがあれば、自転車でも簡単にできる可能性があります。

例えば、英国における乗用車またはバンの移動距離の約40%は現在3.2km未満で、これは自転車で10分程度の距離です。イングランドの全ての通勤者のうち半数は職場までの移動距離が4.8km未満で、こちらは自転車で15分程度です。

適切に設計された道路があれば、この程度の距離ならほとんどの人が容易に自転車で走れます。自転車移動の労力は歩くのと大して変わりません。また、徒歩による移動を自転車に置き換えれば、もっと速く、便利になります。

優れた自転車インフラによって、さらに長い距離を自転車で走れるようになる人もいます。長距離の自転車道や都市間を結ぶ自転車道は、オランダを始めとするヨーロッパの国々では一般的です。

長距離移動のほとんどは今後もバスや乗用車、鉄道を利用したものになるでしょうが、移動全般の大部分は短距離であり、移動手段を転換する余地が大きいのは明らかです。自転車では現実的でない長距離の移動があるからといって、短距離を自転車で移動する人のためのインフラ整備ができない理由にはならないのです。

優れた関連資料をご存じですか?