誤解一覧 ビンゴ! このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

自転車利用を登録制や免許制にすべきだ

「登録や免許を必須にすれば自転車はもっと安全になる」

返答

自転車の利用には何らかの登録を必須とすべきだ、そうして行動に責任を持たせ交通ルールを尊重させれば自転車はより安全になる、との誤解があります。

自転車利用者や車体の登録を義務化する提案は何度も繰り返されてきましたが、それが現実的な内容だったことはありません。子供の登録はどうするのか、車体と人のどちらを登録するのか、どのルールを守れれば免許が取れるのかといった問題はさておいても、登録制度が現実には役に立たないことを私たちはもう知っています。そのようなシステムの導入に伴うコストと複雑さはメリットを大きく上回るでしょう。

もし登録制が安全性の向上に繋がるのであれば、ドライバーや自動車の登録率と道路交通の安全との間に関係性が見てとれるはずです。しかし、ほとんど全ての自動車事故において免許を有するドライバーが登録済みの自動車を運転していることからもわかるように、登録制が自動車や自転車の悪質な運転を控える動機づけとなりそうにないことは明らかです。

加えて、自転車は安全で効率的で排気ガスを出さない移動手段であり、その利用を促進すべきであることは広く受け入れられています。お役所的な規制を導入しては利用を抑えることにしかならないでしょう。

優れた関連資料をご存じですか?