誤解一覧 ビンゴ! このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

車を運転できる環境なら誰も自転車を使おうとはしない

「車を運転できる環境なら誰も自転車を使おうとはしない」

返答

マイカーを第一に考えて設計された地域では、人々が車移動を選ぶのは当然のことです。長距離移動でも多くの人が車やバス、鉄道、飛行機を選ぶでしょう。

しかしマイカーには、あまりにも多くの人が短距離の移動で使うことで渋滞や大気汚染を招くと言う大きな問題点があります。この状況で得をしている人は誰もいません(石油会社の人を除けば)。

町や都市が自転車で走れるように設計されれば、地域内の短距離移動、例えば学校や商店への移動には手頃で便利な自転車を使うのが当たり前になります。

オランダやデンマークのような、自転車が交通手段の一つとして真剣に捉えられている国では、人々はすすんで自転車移動を選んでいます。それが安全で便利、快適なだけでなく、渋滞とは無縁で所要時間が読みやすいからです。これらの国の人々も必要な時はマイカーを走らせます。ですが車は、他の多くの国々と同じく、唯一の移動手段というわけではないので、それほど頻繁には使われません。

こうして自転車の利用率が高ると、誰もが得をします。車を運転する人も、短距離移動でマイカーを使う人々が発生させる渋滞に足止めされずに済むのです。

良い資料をご存じですか?