誤解一覧 このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

自転車は安全ではない

「自転車は安全ではないので利用を推奨すべきではない。」

返答

自転車という移動手段は、それ自体が危険なのではありません。

ほとんどの場合、その危険性は自動車、特に高速で走行する自動車や、車体の重く大きな自動車に由来しています。そこで、流れの速い自動車交通やバスやトラックといった大型車から自転車を分離する道路の設計が重要になります。自転車と自動車の交錯が避けられない場合でも、それは最低限に留められるべきですし、自動車の速度を低く抑えるべきです。

自転車走行環境が十分でない国々においても自転車に乗ることの恩恵はリスクを上回りますが、よく考えられた設計の道路では、自転車は安全な移動手段だということを感じることができます。交通の激しい道路で自動車と同じ空間を走ることは、ほとんどの人にとって脅威に晒される恐ろしい経験であると多くの研究から分かっています。

自転車で移動する人が増えれば、環境汚染の低減や人々の健康状態の改善などの形で、社会の全ての人の利益になります。

couple cycling on cycle superhighway 5 vauxhall bridge london

写真提供: As Easy as Riding a Bike (Copyright, used with permission)

優れた関連資料をご存じですか?