誤解一覧 このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

自転車は大都市では実用的ではない

「大都市では自転車は移動手段の主流になり得ない。移動距離が長すぎる。」

返答

いくら自転車がオランダやデンマークの都市で中心的な移動手段であっても、大都市では人々の移動距離が長すぎて、自転車が現実的な選択肢にならない、とよく言われます。

この主張は、大都市に暮らす人々の日々の移動距離が、小さな都市よりずっと長いという憶測に基づくものです。しかし実際は、大都市でもほとんどの移動距離はとても短いのです。

例えばロンドンでは全ての移動の70%は8km未満で、42%は3.2km未満です。これは大抵の人にとっては自転車で容易に走れる距離です。もちろん、安全で快適な自転車走行環境があることが前提です。ロンドンでは特にマイカーの移動距離が非常に短く、住民のマイカー移動の半分は3.2km未満です。市交通局が自ら発表している(控えめな)概算でも、ロンドンの全ての移動の少なくとも41%、1日当たりおよそ800万トリップは自転車で容易に走れる距離とされています。これは大気の質の改善と自動車の渋滞軽減に絶大な効果を発揮するでしょう。

自転車はあらゆる移動に適しているわけではないものの、大都市の多くの移動は自転車で行ける距離なのです。もちろん、一つの移動手段として真剣に考慮され、環境が整備されれば、ですが。

もう一点付け加えると、オランダにはロンドンほど巨大な都市はないものの、ランドスタットは800万人の住民が暮らす地域であり、実質的には一つの低密度都市です。

people cycling on blackfriars bridge london

写真提供: As Easy as Riding a Bike (Public domain)

優れた関連資料をご存じですか?