誤解一覧 ビンゴ! このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

子供と一緒に自転車に乗るのは現実的ではない

「子供がいる場合は自転車は現実的な移動手段にならない。」

返答

これは公共インフラの問題です。なぜなら子供たち自身はふつう何の問題もなく自転車に乗れるからです。大抵の子供は自転車が自由を与えてくれる道具だと見抜いており、魅力を感じています。

子供と一緒に自転車で出かけるのが困難だと多くの人が思っている理由は、自転車で安全に走れる場所が乏しいからです。自転車の通行が多い場所は決まって、安全に走れる環境が整っています。車道から独立したサイクリングロード、車道から構造的に分離された自転車道、交通の穏やかな生活道路などです。

オランダとデンマークの実態から分かるように、子供は幼い頃からかなりの距離を自転車で走ることができます。子供と一緒に自転車で走るのは家族にとって素晴らしい移動方法になりますし、一人で出かける子供にとってもそうです。オランダでは17歳未満の移動のほぼ半分が自転車によるもので、高校生の4分の3超が自転車で通学しているとのデータもあります。

a family cycling together in an urban environment in the netherlands

写真提供: The Alternative Department for Transport (Copyright, used with permission)

schoolchildren cycling on a safe cycleway in the netherlands

写真提供: The Alternative Department for Transport (Copyright, used with permission)

family shopping by bike assen

写真提供: As Easy as Riding a Bike (Copyright, used with permission)

a mother cycling with three children in groningen the netherlands the mother is riding a box bike in which two younger children are sat an older child is riding his own bike alongside them

写真提供: A View From The Cycle Path (Copyright, used with permission)

many people cycling through a park in the netherlands including one father with a toddler sat on a child bike seat mounted between the rider and the handlebars

写真提供: As Easy as Riding a Bike (Copyright, used with permission)

優れた関連資料をご存じですか?