誤解一覧 ビンゴ! このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

私は自転車に乗るには年を取り過ぎている

「自転車は若くて健康な人の交通手段であり、私は年を取り過ぎているので乗れない。」

返答

他の乗り物から分離された自転車通行空間が広がっている国々では、年齢や身体能力に関わらず、あらゆる人々が自転車に乗り、それぞれが自分にちょうどいい速度で走っています。例えばオランダでは、65歳超の人の移動のおよそ4回に1回が自転車によるものです。

大型車との交錯を無くすことで、大抵の移動は自転車でできるようになります。ここでいう自転車には、通常の自転車のほか、手で漕ぐ三輪車といった特別なニーズに応える車種も含まれます。多くの場合、自転車は歩くのが困難な人の移動をより簡単にしてくれるでしょう。さらに、電動アシスト自転車の普及で体力の問題は以前ほど大きな壁ではなくなってきています。

つまり実際はよく言われているのと逆で、自転車は身体能力に恵まれない人の移動手段の選択肢を増やし、自由な活動を助けるものなのです。

two older people riding bikes and a man using a motorised wheelchair

写真提供: As Easy as Riding a Bike (Copyright, used with permission)

older people cycling in copenhagen

写真提供: denmark.dk (Copyright, used with permission)

an older woman cycles along a cycleway in the netherlands

写真提供: The Alternative Department for Transport (Copyright, used with permission)

an older woman cycles along upper thames street in london

写真提供: Hackney Cyclist (Copyright, used with permission)

優れた関連資料をご存じですか?