誤解一覧 ビンゴ! このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

身体上の障害のある人は自転車に乗れない

「自転車利用のための環境整備は、身体上の障害がある人の立場を不利なものにするので、行うべきではない。」

返答

自転車は、ほとんどの障害に対応できる種類を備えた、実は懐の深い乗り物です。歩くのに苦労している人や長距離を歩けない人だけでなく、全く歩けない人にとっても移動の助けになります。

オランダ(や新しいインフラが整備されつつある英国)では、質の高い自転車インフラが車椅子、シニアカー、ハンドサイクルなどの利用者にも使われているという現実があります。自転車インフラはこれら全ての利用者の役に立つものなのです。

また一般に、自転車インフラの整備はその他の道路環境の改善、例えば細街路との交差点で途切れず平面で連続する歩道の整備などと併せて実施すべきものです。

つまり実際は、よく言われているのとは逆に、身体上の障害がある人にとって自転車は移動手段の選択肢を増やし、自由な活動を助けるものであり、それを妨げるものではないのです。

man using handbike

写真提供: The Alternative Department for Transport (Copyright, used with permission)

two older people riding bikes and a man using a motorised wheelchair

写真提供: As Easy as Riding a Bike (Copyright, used with permission)

wheelchair cycling on new cycle infrastructure blackfriars road london

写真提供: As Easy as Riding a Bike (Copyright, used with permission)

a wheelchair user uses a separated cycleway in london

写真提供: Adam Reynolds (Copyright, used with permission)

優れた関連資料をご存じですか?