誤解一覧 ビンゴ! このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

坂が多過ぎる

「オランダで自転車に乗る人が多いのは土地が平らだからだ。」

返答

自転車の交通分担率に対する地形の影響は、しばしば誇張されています。確かに、とっても坂が多い土地であれば、自転車に乗る人は少なくなるでしょう。しかし多くの場所では、みなさんが信じるほど地形の影響は大きくありません。例えばスイスは平野で有名な国とは言えませんが、もっと平坦な国より自転車の交通分担率がずっと高い町があります。

オランダは比較的平坦な国ではありますが、これは、自転車の利用水準があれほど高い主な理由ではありません。もしそうなのであれば、世界の他の平らな国でも同様に自転車の利用水準が高くなっているはずです。また、オランダにもナイメーヘンのように坂の多い都市がありますが、この都市の自転車利用水準はオランダの他の平坦な地域と同じくらいの高さです。オランダで多くの人々が自転車に乗る本当の理由は、快適で楽しい走行を可能にする質の高いインフラの存在です。

また、電動アシスト自転車の人気が特に高齢者の間で広がっており、坂道を「均す」役目を果たしていることも見逃せません。

ですから坂がちな地形が自転車利用にとって徒歩移動の場合よりもずっと大きな障壁になるわけではありませんし、それが自転車にとって安全で魅力的な道を作れないことの理由でないことも確かです。

the hilly centre of the dutch city of nijmegen

写真提供: As Easy as Riding a Bike (Copyright, used with permission)

良い資料をご存じですか?