誤解一覧 このサイトについて お問い合わせ
Twitter

自転車についてのよくある誤解

ここの気候は自転車に乗るのに適していない

「雨が多い/乾燥している/風が強い/暑い/寒い土地だから自転車に乗るには適していない」

返答

自転車に乗れないほどの寒さ、暑さ、雨というのは、そもそも外出全般に適さない天候です。道路が適切に設計されていれば、天気に翻弄される度合いは自転車でも徒歩でも変わらないはずです。

オランダとデンマークはいずれも厳しい寒さに見舞われる国ですが、主要自転車ルートの除雪などの管理が行き届いており、冬でも多くの人が自転車で移動します。雨の降る日も寒い日も暑い日も、これらの国の人々は歩き、自転車に乗るのです。

あまりに気象条件が過酷な地域では自転車利用も難しいかもしれません。しかしそのような稀な地域でなければ、気候は安全で魅力的な自転車利用環境を整備しない理由にはなりません。

winter cycling in assen the netherlands the cycleway has been cleared of snow

写真提供: A View From The Cycle Path (Copyright, used with permission)

people cycling in the rain

写真提供: BicycleDutch (Copyright, used with permission)